流山で葬儀に参列するときのマナー

main-img

葬儀にはいくつかの形式があり、主に選ばれることが多い形式は4つあるといいます。

流山の葬儀が最近こちらで話題になりました。

直葬、一日葬、家族葬、一般葬の4つですが、それぞれに特徴があり、ご遺族や生前の故人の希望によって執り行うことができます。


これは流山でも流山以外の地域でも同じです。

葬儀にはその土地独特の形式のものもありますが、どんな形式でもきちんとマナーを守って参列することが大切です。

朝日新聞デジタルの知識を持つことが重要です。

たとえば、服装などもマナーがあるので一度確認してから着るものを考えてみるといいです。

葬儀に参列するときには基本的にブラックフォーマルのスーツやワンピースを着用します。
男性は黒のネクタイ、金具のついていない靴、女性の場合はアクセサリーは真珠のネックレスの一連のもの以外は身につけないようにしておきます。

また、メイクも派手なものにしないように、落ち着いたメイクをすることが大切です。

アクセサリーは結婚指輪など以外は基本的に身につけないほうがいいです。
葬儀に参列するときは遅刻を絶対にしないように気をつけます。どうしても遅れてしまうときはお悔やみの言葉を伝えるときにきちんとお詫びを伝えておきます。
もし受付が終わっていたお香典を渡すことができなかったときはご遺族に直接お渡しするか、ご仏壇前にそっとお供えしておくといいです。



これらは流山以外の地域だけではなく全国の都道府県でも同じです。葬儀にはそれぞれのマナーがありますが、基本的なマナーは変わらないのでご遺族に失礼にならないためにも確認してから参列することが大切です。


葬儀の実態

subpage1

千葉県流山市のあたりは、つくばエクスプレスの開業をはじめとして、各種の都市施設が整備されつつあるところから、ニュータウンの開発と新しい住民の移住が相次いでいる、活気のあるエリアとなっています。そのため、葬儀のありかたについても、伝統的なものはもちろん執り行われる事例が多いものの、それ以外にも、家族葬をはじめとして、新しいタイプの葬儀が執り行われるケースも出てきています。...

more

知っておきたい情報

subpage2

流山市は、千葉県のなかでも西北の方角にあたり、最近では東武野田線やつくばエクスプレス線の周辺における開発が進み、商業施設やニュータウンが続々と誕生している、注目のエリアとなっています。人口が集積することは、実は葬儀の需要も高まることを意味しており、このような鉄道の駅に近い場所、あるいは大きな県道沿いには、民間の葬祭ホールがいくつか建てられるようになっています。...

more

葬儀の話

subpage3

流山市は都心から1番近い森のまちと呼ばれるほど自然豊かな都市で、多くの人々が生活しているため流山市には多くの葬儀社があります。とくにおすすめなのは流山市に2つの自社斎場を運営している地元密着型の葬儀社です。...

more

知っておきたい常識

subpage4

流山にはいくつかの葬儀社があり、それぞれプランや費用が異なります。もちろん、その中で自分に合った所を選ぶわけですが、それにはそれぞれのプランと費用を知らなければなれません。...

more